姿勢と感情

37

姿勢が悪い人が多いのですが

みなさんはよい姿勢をとれていますか?

 

良い姿勢とはなんぞ?

と言われたら神経伝達がスムーズにいく姿勢ってことです

 

要は

腰から首の骨がピーンっと一直線上にあるってことです

 

常にというわけではありませんが

その状態が長く続けられた方が良しです

 

姿勢が悪いと何が問題かというと

神経伝達が遅くなるので

さまざまな反応スピードが落ちます

 

やる気もそうですし

行動も遅くなります

 

そして感情は姿勢とリンクしているので

悲しい時に下を向いたことがある人は

下を向くと悲しい感情のスイッチが入ります

 

胸を張って悲しいです

とは言わないはずなので

 

胸を張っていれば

自然と悲しいという感情のスイッチが入らないわけです

 

感情は姿勢と結びついていて

皮膚が覚えていると言われています

 

この感じは。。。

というような感覚を持っている人がいるのであれば

それは肌が覚えているのです

 

あの時のあの場面

それを皮膚が覚えているので

また起きるかもスイッチが入るのです

 

ということは

何にもない状態

普通の状態

安定した状態

という姿勢を持っていさえすれば

その姿勢に戻れば感情の乱れがおさまるわけです

 

その姿勢こそが姿勢が良い状態なわけです

だから腰から首までピーンとした姿勢をとりましょう

ということをみんな言っているわけです

 

というわけで姿勢は大切なのよ

僕もまだこの姿勢に関しては

まだまだ勉強中です

 

だから一緒に学んだり

実践していきましょう

興味があれば講座とかいろいろやりたいなー

と思っております

関連記事