感度がいい人の大半は勘違いの激しい人?

52

感度がいい

繊細だから

という人が最近増えております

 

そういう人は

ちょっとした変化や

些細な出来事で傷ついてみたり

ダメージを負ってみたり

なんかそういうことが多いようです

 

上記の内容はどちらかと言えば

悪いことツラいことになりますよね?

 

じゃあ

繊細や敏感、些細なことに気づけることって

悪いことだけで、いいことないんですかね?

 

そんなこと在りえないですよね?

些細なことに気づけるなら

小さな幸せはその人にとったら

超特大の幸せになるじゃないですか?

 

日々幸せみたいな状態なはずですよね

小さな変化を特大に感じられるんですよ

日々ラッキー人生

日々いいことだらけ

 

でもそんなこと言っている

感度がいい人あんまり聞かないんですよ

感度がいいんじゃなくて

勘違いの度合いが激しいだけじゃないですか

 

おかしいんですよ

悪い方ばっかり目が行くのって

それ偏見じゃないですか

 

自分を偏った味方しか出来てないだけで

自分のこと全然理解してないし見てないし

それって大問題ですよ

 

外部に目が行き過ぎてる

そんな人多すぎるんですよ

なんとかしたほうがいいです

 

いろんなことに気づいていかないとね

そんな時代ですよ

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。