空気が悪くなると肺・腸・脳に悪影響が出始める

42

 

このままいけば

世界の空気は今より汚染され

なかなか汚くなっていくでしょう

 

そうなると

身体はどうなっていくのか?

 

まず肺の疲労が増えます

現状でも肺の負担は増えています

 

コロナウイルスの影響により

マスクをするのが当たり前になってきました

 

当然マスクをしている方が

呼吸はしにくいので

肺にかかる負担は増えます

 

肺は空気を綺麗にして

全身に酸素を送る役割を担っています

 

空気が汚れれば

綺麗にするために活動量は増え

より多くのエネルギーを消費することになります

 

生きているだけで大変な時代の到来です

そして

肺と対をなしているのが大腸です

 

肺に疲労が溜まると

大腸に悪影響が出ます

 

大腸に悪影響が出ると

便秘になったり

おなかの不調につながります

 

そしておなかの不調が現れると

脳に悪影響が出てきます

 

その結果

鬱傾向の方が増えたり

精神的に安定しない人が増えることが予想されます

 

何もしなければそんな時代になっていくのは間違いありません

 

世間では腸が大切なんて言われるようになっていますが

肺も大切だし

心臓も大切だし

どれも大切です

 

どれか1つだけ大切なんてことは言えません

1つだけピックアップしている人は頭がおかしい人

売るための戦略でしょう

 

騙されている場合ではありません

 

呼吸がしにくいとか

呼吸がしやすいとか

この感知能力をまず上げてください

 

呼吸の感知能力が低すぎます

腰が痛いとか

肩が凝ったとか

そういうレベルでわかるようにしてください

 

このブログを読むくらいですから

読まない人よりは感度が高いはずです

読んでない人のことは知りませんし

どうでもいいのですが

 

読んでいる人くらいには

健康になる術をどんどん渡していきます

読んだらやる

読んでもやらないなら読まない

 

読んでやらないなら

読んでいる時間を他のことに使いなさい

その方が人生が豊かになります

 

人生が豊かになればツールはなんでもいいんだから

詐欺はダメだけど

有意義に生きてください

 

というわけで

さっさと呼吸して

自分の呼吸のしやすさを秒で確認してください

関連記事