時代が変わろうと自分が変わるとは限らない

54

何でもかんでも

どこでも誰もが

風の時代風の時代書いてますよね

 

まあ実際にそうなですけどね

もうわざわざ言わなくてもね

良い感じですよね

 

言うなれば

コロナウイルス感染者数を毎日発表しているかのよう

 

そしてその風の時代になって

みんながどうなっていくのか

どうなっているのか

そんなことはっきりとはわかりません

 

まあ波に乗れる人もいれば

波にのまれたり、乗れなかったりする人もいるでしょう

 

その差は一体なんなのか

そりゃ日々の積み重ね以外何もないでしょう

 

風の時代になったら

一気に変身できるわけではありません

 

風の時代前から

自分に対して時間を使い準備してきた人が

ようやっと開花しだす

みたいなことは大いにありえます

 

しかし何にもせずに

時代が変われば自分も変われる

なんて考えの人が成長できるか

といえばかなり怪しいですよね

 

そして準備したからといって

必ず開花するとは限りません

 

海に行くのに登山靴を準備していたら

何してんの?ってなるのと同じように

準備間違えてたら

風の時代前からの準備は無駄になります

 

そういうこともあり得るので

必ず良い方向に行くわけでもありません

 

ダメならダメで切り替えていくしかないのです

切り替えが大切な時代のような気がしています

 

見切りをつける力をつけて

見切り発車する力を捨てて

バランスよく生活してください

 

自分でやるしかないですよ

他人の情報には答えはありませんからね

これもヒントにしかなりません

 

実際に使えるものは自分の中から引き出してください

そんなふうに今思っています

関連記事