羨ましいは目線が逸れているからです

22

嫉妬や妬み

羨ましいという気持ち

この感情を生まれてから持ったことがない

という人はまあいないかなと思います

 

なぜこんな感情が起こるのか

考えたことある人いますか?

 

多分ですけど

自分の目標というか

自分の道にいる人という勘違いをした結果

そんな感情が起こるのだと思うのです

 

職業が同じとか

同姓とか

自分の夢を達成しているとか

そんな要素があると嫉妬する気がします

 

でもよく考えたらですよ

そもそも間違っているわけです

 

まず夢は私利私欲的なものを言うのですが

自分がベースってことね

自分の幸せを達成するため=夢

 

夢を超えたものを志というのかな?

これは自分以外を含めたもの

世界中の誰もが幸せになりますように

みたいなやつ

 

仮に世界から腰痛を無くしたいと思う人がいて

あの治療法はダメだとか

アイツはダメだとか

言ったりします

 

でも全世界から腰痛をなくすためには

自分1人の力だけでは到底無理です

誰かの力を借りて

全世界の腰痛を減らしていかないとダメなのです

 

だから

あの治療はダメとか

アイツがダメとかはどうでもよくて

腰痛がなくなっているればOKで

むしろ手伝ってくれて有り難うなわけです

(まあ本当に治療法がダメな場合はあるかもですが。。。)

 

ってことはですよ

目的というか進むべき道が同方向なら

手伝ってもらえて良かったー

有り難う助かるわーが普通な反応のはず

 

なんでうちの店に来ないんだーーー\\\٩(๑`^´๑)۶////

は間違った考えなわけです

 

またなんでうちに来ないんだと思うなら

その人に自分のお店の存在を届けることが出来ていなかった

本人が悪い以外ありません

 

同じ速度である必要もないし

同じ方法である必要もありません

自分に合っていて

自分にしか出来ない方法で

相手のためになっていればいいじゃないですか

 

それを誰かと比べてどうします?

全く同じ方法でスピードで

全く同じ夢で志であるのであれば

比べられる可能性はありますが

そんなことはほぼあり得ないので心配する必要なし!

 

結果

嫉妬や妬み、羨ましいはいりません

 

自分の道には

所詮あなた自身しかおりませんので

他の道見てもしょーもないですよ

関連記事