学んだカタチに当てはめることをやめてみよう!

31

腕を組むしぐさってあるじゃないですか

みたことや実際にやったことありますよね?

 

相手がそのしぐさをしながら

自分と話しをしていたとしたら

あなたはどう感じますか?

 

偉そうな人だな~と感じますか

それとも不安なのかな?と感じますか

カッコつけてんなと感じますか

それとも隠し事があるのかな?と感じますか

 

心理学などを学ばれている人は

上記のように隠し事しているのかも!

何かあるのでは?

と感じるかもしれません

 

でもそれは学んだからそう思うだけであって

自分が本当にそう思っているかはわかりません

 

そして相手が本当にそう思っているかもわかりません

 

あなたが何も入っていない

空っぽの状態だとしたら

そのしぐさはどのように感じるのか

 

それが大切なことなんだと思います

勉強するとカタチを当てはめにいく傾向が強くなります

 

カタチはカタチであって正解ではありません

人の感情はクッキーの型ではないので

図ることはできません

 

でも多くの人は図かることが大好きです

好きというか癖なのかもしれません

 

カタチは崩れたらお終いです

その場面場面に対して自分を活かせるように

カタチを変えられるようにしてください

 

勉強はほどほどに

毎日実践です

そういう人になれると楽になりますよ

関連記事